© 2023 by Actor & Model. Proudly created with Satoko Shinke

究極のおろし金

紀州新家

​手打ちおろし金デザイン・制作・販売

Hand-made grater,design,production and sales

​紀州新家のこころみ

About KISYU SHINKE

紀州新家では、2017年5月より、おろし金保存・継承プロジェクトを発足しております。

純銅おろし金は、【1712年寺島良安和漢三才図会記載】江戸時代より、現在まで続く300年もの歴史ある調理器具で、日本固有の文化です。しかしながら、国内のおろし金専門店は激減し、全国に3軒というのが現状です。

その数少ない職人でさえ、高齢化・後継者不足。貴重な文化の存続の危機が迫っています。

この現状を知り、またこの美しい調理器具の存続を願い、自ら伝統工芸の道に入り、独学で修行し、活動しています。

現在に準じたデザイン、作業性を考慮し、素材を生かせた独自の目立てで、制作しています。(300年の歴史上ない形状)

現在、京都老舗料亭様を顧問に迎え、数名のスタッフと共に、保存継承活動を行っております。

 
 

​おろし金【About Hand-made grater】

おろし金は、一目一目タガネにより立てた刃物になっており、食材をすりおろす一工程で、一品の料理になる唯一の調理器具です。2013年、和食は日本人の伝統的な食文化と評価され、ユネスコ無形文化遺産に登録され、注目を浴びています。おろし金もその食文化を支えてきた調理器具の一つです。

素材--純銅99.9%、錫99.9%。

(1984年、当時の厚生省は銅の錆とされる緑青は、無毒同様と承認)

銅は、耐久性・加工性に優れ、銅イオンの微量金属作用により、殺菌力もある優れた素材です。

 

30年余り、建築、ガーデニング業に携わり

2017年より独学で手打ちおろし金の世界に入る。

おろし金保存継承プロジェクトを立ち上げ、

独自のおろし金制作、開発に努める。

I have been engaged in the

 Building and Gardening business for thirty years. Since 2017, I have been training as a self taught hand-made grater craftsman.

it's my hope and misson to preserve and continue the art of Japanese grater making.

 

 GET IN TOUCH! 

contact

紀州新家

代表:新家崇元 Takayuki Shinke

kisyushinke.com

和歌山県橋本市向副1039

tel 090-2195-2978

fax 0736-33-2877